02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

超強力魔術情報

占いのなかで家相が一番厄介 

昨日、大地震がありました。東京にも結構な被害がでているようです。私は地震があったときに仕事で品川にいたのですが、相当酷かったです。

電車が全線不通のため、自宅のある目黒区の自由が丘まで、1.5時間かけて歩いて帰りました(;´д`)

ようやく散らかりきった自室の整理がある程度終わったところです。被害が想定外で、現時点でわかっているだけで400人ほどの死者がでているそうですが、皆さまはご無事でしたでしょうか?


それで、今日は家相の話をします。家相は運の良し悪しを大きく左右します。

もし、あらゆる開運法を試しても全然効果がないという人は家相の良し悪しを疑ってみた方がいいです。

ただし、引っ越しや増改築が当面全く無理な人は、家相は見ない方がいいです。

見て、家相が悪いことがわかれば暗示で、更に運が悪くなってきますから、むしろ知らぬが仏なのです。


家相で一番重要な部分は玄関の方位です。玄関の方位が悪いと他の場所をいくらいじってもどうにもならないと言っても過言ではありません。

次にトイレ・キッチン・各部屋の出入口の方位などが重要になります。


しかし、家相を見たり増改築したりする場合の問題は、流派がたくさんあり、どの家相を用いたらいいか、なかなか判断がつかないということでしょう。

家相の見方は思いつくままにいくつか挙げると、気学・風水・奇門遁甲・星平度数など非常に多くあります。ちなみに、西洋占星術では家相を見る方法はありません。

実はあるにはあるのですが、お粗末極まりなく全く使い物になりません。


個人的には、奇門遁甲でみることが一番適切であると考えています。干支以外に実星をもちいる星平度数ではあまりにも複雑過ぎますし、気学ではあまりにも簡潔過ぎます。

ですから、家相を見るなら奇門遁甲が一番だと思います。家相の悪さは移転か、増改築による以外克服することは不可能とされています。


しかし、透派の張耀文氏が奇門遁甲の月盤を使って、8方位で玄関が吉方位になる時期をまず割り出して、さらに先天の64卦で64方位に分割した応期局数に合わせて羅経を埋めると凶家相を克服することができ、5年間は幸運が約束されるとおっしゃていますが、定かではありません。


私個人の見解としては、凶家相の克服は難しいと考えています。


★当サイトおすすめの占いサイト


↑抜群の的中率と評判です。他の占い鑑定サイトに比べても、料金的に安いのが特色です。優秀な占い師が多数在籍しています。

[edit]

tb: -- | cm: --

占いオカルトランキング

最新記事

メニュー

リンク

月別アーカイブ