天空オフィシャルブログ

オカルト・占い・魔術・神秘に関する一般の人にほとんど知られていない情報を徹底的に発信します。気休めでない実際に役に立つオカルト学を教えます。

私のオカルトというか人生に対する基本的な考え方

あらためて私の魔術やオカルトあるいは人生に対する考え方を改めて明確にしておきましょう。考え方の合わない人間は今後訪問をご遠慮いただきたいためです。


1. 信仰

不可能を可能にして成果を持続できる力は信仰だけ。魔術とは信仰(祈祷)の最高度の形である。自己暗示やイメージでイエソドを操作して一時的な成果を得ることもできるが持続性がない。


2. 聖守護天使召喚の必要性

最終的に聖守護天使を召喚できない限り神の恩寵を受けることができず成果は一時的に終わる。それまで(聖守護天使を召喚)は、いかなる魔術儀式をもってしても栄光と絶望を繰り返し真の安定や永続はあり得ない。

聖守護天使の召喚は、魂がこの地上で危機に直面したとき、ケテルの大天使メタトロンとマルクトの大天使サンダルフォンの力によって召喚される。

言い換えると、カルマ解消すなわちこの世における使命を理解し真に果たそうと決意し試練に見舞われたとき召喚される。使命の遂行には非常な困難が伴い独力では不可能。不可能を可能にしようとしたとき聖守護天使が召喚される。

この世の使命は欲することとして人間に伝えられる。従って欲することが法の全てである。

あるいは四大元素を統合後、比較的長期にわたる魔術儀式によって召喚できる。アブラメリンなら直ぐに召喚できる。なぜならば、アブラメリンの魔術は神への絶対的帰依だからだ。ただしリスク大。


3. 万物照応理論

上の如く下も然り。ミクロコスモスはマクロコスモスの模型であり、万物照応によって宇宙の力をこの世に現出させることができる。また占いによって知りたいこと全てを知ることができる。万物照応理論を活用するためには生命の樹に対する深い理解が不可欠。


4. この世は対立する2つの要素から成り立つ

片側だけで存在するのもは一つもない。愛が生じれば同時に憎しみが生じ、善が成り立つためには悪が必要である。これを理解しないために様々な不幸が生じる。

そもそも善悪など存在しない。対立する2組がバランスを得れば善、どちらかに偏れば悪である。ある事象が単独で善悪となることはない。もちろん殺人や自殺にもそれ自体善悪はない。


4. 犠牲と代償

願望実現あるいはカルマの解消には犠牲と代償が不可欠である。犠牲と代償のない願望実現はサラ金での借金と一緒で必ず得た結果の何倍もの不運を後にもたらす。また実現自体が難しい。


5. 自己責任の原則

原因のない結果はない。従って我が身に降りかかる不運の全ては自己責任である。


とまあ、極めて大雑把にまとめるとこんなとこですか。まだまだ他にもありますが。。


★パワースポットにて浄化祈願しエネルギー充満してお届け【ココロパルレ】






★占い魔術ランキング投票してくれると嬉しいです。(2つともクリックしてもらえると大変ありがたいです)
占いホラーブログランキング

FC2オカルトホラーブログランキング
Last Modified :